イラストやゲーム・アニメの専門学校や高校という進路

女性

スタートダッシュ

女の子

ゲーム作品に携わる期間は早ければ早いほど経験になります。他のクリエイターが専門学校でスタートするより前の高校からすでに1本でも自分のゲームを作ることでスタートダッシュに大きな差をつけることができます。

アニメディアの課題

ゲーム作成

アニメーションや3Dにおける映像の進歩、映像は目覚ましい進歩を遂げている業界です。それらを担う映像の専門学校とこれからの課題を踏まえての進路の見通し、デメリットの今後を考察します

絵師としての道

キャラクター

イラストレーターの前にそびえ立つ壁と昨今取り上げられる問題点。これらで見え隠れするイラストレーターへの意識よりイラストの仕事もやはり企業や繋がりが重要。そのネックとなるのは専門学校での経験です。

視覚的娯楽で生きる道

天使

現在、日本では国内、国外に向けて圧倒的な人気を誇る文化があります。クールジャパン戦略として政治でも取りあげられるようになったアニメや漫画、イラストといった独自の文化からなる作品。小さな子供から果ては大人、TVが出る前に子どもだった老人まで、漫画やイラストに触れてこなかったという人は少ないでしょう。またTVが出来てからはアニメーションといった新しいメディアが生まれました。魅力的なアニメーションや漫画、イラストは目を楽しませてくれる大きな娯楽となっています。1シーズンに20本以上のアニメが作られ、沢山のゲームが作られる日本。アマチュアからプロまで今や様々な方法でイラストや作品を世に出せるようになりました。
幼いころ、もしかしたらまだ今でも、沢山の作品に触れることで自分もこの「夢を創る側になりたい」という熱意を持っている人もいるかと思います。ただし、仕事とするにはこの趣味の道はなかなかに険しい道程になっているのも現状です。そういった進路に昨今ではアニメやゲームイラスト専門学校などができています。専門学校という後ろ盾があることで企業との繋がりがもちやすい利点や技術を専門的に教えてもらえるという点も魅力的です。専門学校にいる間に企業が才能を見出し内定が決まるなどのチャンスも多くある専門学校。同じ夢を持つ様々な人の作品に触れることで自己の成長もしていける修行場にもなります。今回はそんな趣味で生きていくための進路についてご紹介していきたいと思います。