イラストやゲーム・アニメの専門学校や高校という進路

勉強

アニメディアの課題

ゲーム作成

最も進化を遂げてきたのはアニメーションや映画、ゲームムービーなどや特撮の番組でも利用されるようになった3D技術。これらは数年前には「表情を付けるのは難しい」とすら言われていました。
しかし今では一瞬、本物のハリウッド俳優かと思うようなリアルな質感や表情を再現している映像作品すら出ています。また、アニメの動きや動作という手間のかかる肯定を省く3Dにて作られた従来のアニメーションとの違和感のない表現を実現もできるようになりました。特撮の番組ではもはや変身にロボットにと特撮映像には無くてはならないツールです。

格段に表現力を上げている3D。そして逆にアニメーションにおいては昨今の1シーズンで20本以上などの供給にアニメーター不足が影響し追いつけなくなってしまっています。
安価で多くの枚数をこなす必要のあるアニメーターの仕事は大体が海外などに発注して補います。このため作画の崩れなどが多く散見し、あまりにも酷い物はインターネット上でもネタにされるほどです。絵を描く仕事をしたい、アニメーターとして映像を作りたいという夢を持った人も多くいるでしょうが、賃金などの問題で人がいつかないなどの課題があります。今後の政策や方針でまだ僅かな動きではありますが賃金実態を把握して保護しようという動きもでてきています。また専門学校であれば映像作成の技術の習得も魅力的ですが大きな魅力としては専門学校自体のコネクションや実績での安定した賃金の企業などとの繋がりから専門学校の卒業生や生徒に仕事を回すなど、サポートや卒業後のチャンスのサポートなども行なっているところも多くあるようです。そういった進路やコネクションのある実績のある専門学校を探すのも大事だと思います。専門学校を足がかりにして映像業界で躍進するアニメーターも多くいますので安定した進路選びも考えてみましょう。